協会の歴史

小史

この協会の前身は台湾省の水道水の協のために入って1950年間6月に成立して、さらに1967年間11月17日に中華民国水道水協会に改名する。 今までグループの会員は全部で22個は、その中全国の主な4 つの給水の単位を含める(台湾水道水会社、台北水道水事業、金門の浄水場及び連江の浄水場 )、2 つの政府の単位及び16 個の水道水の工事と施設関連会社、は個人の会員は5600人は、水道水の従業員、研究者、教員などを含める。 水道水協会の組織は会員代表大会を最高の代表のからくりにして、以下は分けて監事会、理事会を設けて、決して理事長を代表者にする。 全部で諮を設けて討論する、国際の事務、会務のサービスの総務の人事及び経理の五つの組と,出版、会務、管理の研究、技術の研究及び財務など七つの委員会を編訳する。 サービスは作って、決して設けて水道水の器材の検証室がある。